TuvSud主催ロシア医療機器関連規制セミナー

ドイツに本拠を置く第三者試験認証機関テュフズードの日本支社は来る12月17日(金)にロシアの医療機器関連の規制セミナーを開催する。 ロシアには強制認証制度があり、製品を輸出する場合 GOST-R認証が要求されている。 認証のない製品をロシア国内に輸入することは許可されず、医療機器については、さらに医療機器登録制度があるという複雑な状況となっている。また、2011年には新しい 「医療機器安全性技術規則」(TR) が発行されることが予測されている。医療機器技術規則発行後は、この新しい技術規則に従うことが強制認証の代替となる見通しとなっているため、テュフズード・ジャパンは、このような変革期の状況を整理し、ロシアへ医療機器を輸出するために対応が必要なGOST-R認証 及び医療機器登録の要求事項、及び今後それに代替されることが予測されている医療機器安全性技術規則(TR)の要求事項について、ロシアから規制対応の専門家を招へいし、わかりやすく解説するセミナーを企画している。

セミナー詳細・申し込みはテュフズード・ジャパンHPを参照のこと。

カテゴリー: