MEDTEC Online

医療用カテーテル用「R加工マーカリング」

医療用カテーテル用「R加工マーカリング」

【写真】SEM写真(200倍)

【写真】SEM写真(200倍)

医療用カテーテルおよび内視鏡の市場では、高齢化社会、成人病・癌の増加と患者の生活の質改善のための低侵襲治療へのニーズが高まっている。株式会社ヨコオが製品化した「R加工マーカリング」は、カテーテルの先端部に付加されるマーカリング両端部にR加工(丸め加工)を施したことが特徴であり、これによりカテーテルチューブやバルーンとの接触面へのダメージを軽減するとともに、直接血管と接する箇所で使用した場合、血管へのダメージを軽減することが可能となる。 サイズは、従来品と同様、0.2mm以上の外径、薄肉(リングの厚み)20μmのタイプも生産が可能で、微細なカテーテルへの適用においても、充分な内径を維持することができる。ヨコオでは、国内の医療機器メーカー向けに、カテーテルに使用する「コイル」「ガイドワイヤ用コアワイヤ」などのチューブ、リング、コイルを含む各種の金属製微細切削加工部品を供給してきたが、本製品の発売により、マーカリングの品揃えは、R加工マーカリング、端部バリ処理マーカリング、標準マーカリング(外周部バリのみ除去)となる。R加工マーカリングの価格は、標準マーカリングよりプラス10~20%程度に抑えている。
株式会社ヨコオ
ブース番号:713
カテゴリー: