MEDTEC Online

独ケーブルシステム企業がヘルスケア分野に進出

独ケーブルシステム企業がヘルスケア分野に進出

prods-leoni多様な産業に対するケーブルシステムを提供しているレオニ(Leoni)社は、Leoni WCS Japan 社を設立しました。新会社は、2010 年 1 月 4 日に正式に活動を開始した名古屋オフィスを拠点に、レオニ社のワイヤー・ ケーブル・ソリューション部門 (WCS) とともに、日本で事業拡大を図ります。ヘルスケアと産業アプリケーションが初期の焦点になるといいます。 「日本はいくつかのハイテクおよび産業分野でリードしているが、レオニ社 はヘルスケアと産業用の特殊ケーブルやケーブルシステムなど、高度な製品へのニーズに応えられる」と、独本社Leoni AGの社長兼 CEO の Klaus Probst 博士は語ります。「また当社は、日本をアジア大陸全体への戦略的な橋頭堡と位置づけています。」と博士は言います。 独ニュルンベルクに本部を置くLeoni AG は、画像処理、患者モニタリング、内視鏡検査、レーザー手術、ペースメーカー、補聴器を含むさまざまな医療用途向けにカスタム設計されたケーブルやアッセンブリ済みのケーブルシステムを提供しています。

カテゴリー: