MEDTEC Online

生体適合性 PPSU ストック成形品を多色で提供

生体適合性 PPSU ストック成形品を多色で提供

機械加工用ポリスルホン (PPSU) 生化学用(LSG)ストック成形品(丸棒、シート、チューブ)が多様な色で提供されています。クオドラント イーピーピー ジャパン株式会社(東京都港区)の Radel PPSU LSG は、ISO10993 に基づき生体適合性が認定されているため、それらを使用した完成製品は、試験に合格しやすく、より低コストで迅速な製品開発ができるといいます。 さらに、クオドラント社は LSG ストック成形品のロットトレーサビリティを提供し、処方設計の一貫性も保証しています。現在提供されている標準色は、黒、ナチュラル(オフホワイト)、青色、緑色、黄色、灰色、茶色、赤褐色、赤色などですが、要望に応じてカスタム色も作ることができます。Quadrant Radel PPSU LSG ストック成形品は、さまざまなサイズの丸棒とシートの形状で世界に提供されており、メーカーは廃棄物を最少に抑えながら歩留まりを最適化することができます。クオドラント社では、完成部品の設計と製造などの技術およびサービスの提供もしています。 色が果たす役割は、医療機器のサイズや目的の差別化、機器の部品を特定化する上で、その重要性が高まっています。そうしたニーズに応えるため、クオドラント社は Radel PPSU LSG 製品の品揃えをグローバルに提供しています。色付き Radel PPSU は一般的には、整形外科用トライアルインプラント、器具のハンドル、内視鏡器具用フェルール、放射線治療および近接照射療法装置部品、滅菌トレー、トラウマ製品用トレー、バイオ技術装置および実験装置、分析診断装置部品などに使用されています。

カテゴリー: