MEDTEC Online

2013年国内ヘルスケア関連IT市場規模は、前年比1.6%増と予測、IDC Japan

IT専門調査会社IDC Japan株式会社が、国内のヘルスケア関連IT支出額予測を発表した。これによると、医療/介護保険者、医療/健康介護福祉事業者、医薬品、ライフサイエンス、医療機器を含む国内ヘルスケア関連IT市場支出額規模(ハードウェア、ソフトウェアおよびITサービスを含む)は、2012年の IT支出額が9,973億円、2013年が1兆134億円(前年比成長率1.6%)で、2012年~2017年の年間平均成長率 (CAGR:Compound Annual Growth Rate)は1.8%であり、2017年には1兆913億円へ拡大すると予測している。

2012年の国内ヘルスケア関連IT市場は、東日本大震災・原発事故の教訓を踏まえた災害拠点病院の機能強化や、診療報酬・介護報酬ダブル改定に伴うシス テム改修・更新などが実施されたほか、政府のライフイノベーション推進策を受けて、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)や高度解析技術をベー スとする医薬品/ライフサイエンス/医療機器関連の研究開発投資も拡充された。

2013年以降、ヘルスケアの各産業分野とも、保険制度や薬事法制の改正など、制度変更・新設に伴う既存システムの改修・リプレース需要が継続的に見込まれるほか、新政権の成長戦略の柱として健康・医療分野が位置付けられており、新産業創出に向けたIT支出も堅調に推移するとみている。また今後は、人口の高齢化と医療施設の老朽化を克服するICTインフラの再整備が鍵としている。

今回IDCが発行したレポート「国内ヘルスケアIT市場 2012年第4四半期のトレンドと2013年~2017年の予測」では、国内ヘルスケア 市場の動向について、2012年第4四半期(2012年10月~12月)における各所管省庁・部局を巡る主な動きを概説した上で、国内ヘルスケア関連IT 市場を構成する医療・介護保険者(医療保険者、介護保険者の2分類)、医療・健康介護福祉(医療施設、健康介護福祉事業者の2分類)、医薬品(医薬品製造、医薬品卸売、医薬品小売の3分類)、ライフサイエンス(ライフサイエンス関連研究開発企業、大学・教育研究機関、公的研究機関の3分類)、医療機器 (医療機器製造、医療機器卸売の2分類)について、2010年~2011年実績値、2012年推定値および2013年~2017年予測値を3製品分野 (ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス)別に推計している。

国内ヘルスケア関連IT市場 支出額規模予測:2011年〜2017年

注)2011年は実績値、2012年は推定値、2013年以降は予測値。(出典:IDC Japan)