医機連、企業倫理とプロモーションコード講習会を10月23日に開催

 

日本医療機器産業連合会(医機連)は、10月23日(火)に第8回企業倫理とプロモーションコード講習会を東京、虎ノ門のニッショーホールで開催する。

 

医機連では、不祥事防止の強化を目的に業界全体の取り組みとして、本年10月を「企業倫理とプロモーションコード強化月間」(以下「強化月間」という。)とし、加盟団体会員企業における企業倫理とプロモーションコードの周知・啓発の取り組みを推進する。

第8回「企業倫理とプロモーションコード講習会」は「強化月間」の推進事業の一環として位置づけて、本年1月に医機連が策定した「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」(以下「透明性ガイドライン」という。)を主たるテーマとして開催する。

講習会のプログラムでは、厚生労働省 医政局 経済課 担当官から、企業倫理の諸課題について講演が予定されている。企業倫理委員会からの報告としては、「透明性ガイドライン」の取り組み状況等の紹介がある。また、透明性ガイドラインを推進するうえでの質問を事前に受付、内容を整理をして説明がなされる。

特別講演も、1)医療機器業公正競争規約の一部ルール見直しについて、2)企業の立場からの透明性ガイドラインの取り組み、3)東北大学における利益相反マネジメントの取り組みなどが予定されている。

 

主 催: 日本医療機器産業連合会(医機連)

日 時: 平成24 年10月23日(火) 13 時30 分~16 時10 分

会 場: ニッショーホール(日本消防会館)

参加費: 1名8,000円(医機連賛助会員:6,000円)

[消費税込み・テキスト代含]

参加申込: 医機連HPから

受付開始:平成24年7月12日(木)午前10時より[定員になり次第締切ります]