MEDTEC Online

帝人、西陣織の技法で開発した心電計測ウェアラブル電極を出展中

帝人グループは、開催中のMEDTEC Japanで京都大学、京都高度技術研究所と共同開発した、西陣織の技法を用いて、着用するだけで12誘導心電の迅速・適切な計測ができるウェアラブル電極を出展している。

12誘導心電計測に必要とされる10個の電極のうち、8個を配置した帯状のe-テキスタイル(電気回路を持つ布)を開発。このテキスタイルを正中線および腋の下に合わせて胸の周りに巻くことにより、ウェアラブル電極布として、迅速かつ簡単、適切に、12誘導心電を計測することを目的としている。このe-テキスタイルには、連続した1本の緯糸(よこいと)で複雑な模様を織りなす西陣織の技法が用いられている。西陣織の技法を用いることにより、1本の導電糸を電極・導線とした高品質な心電計測布を、工業的かつ安定的に生産することが可能となっている。

帝人グループは、将来に向けた発展戦略を強力に推進しており、グループ内の事業や素材の「融合」「複合化」による新たな顧客価値の創出を図るとともに、外部との提携を強化している。今回の開発は、京都大学医学部附属病院医療情報企画部の黒田 知宏 教授が培ってきた医療情報学の知見と、京都が誇る西陣織の技術、そして、帝健の素材調達力や製品化のノウハウ、およびマーケティング力とを複合化することにより、産学連携による新たな価値創出につながるものといえる。

帝人の高機能線維製品の製造・販売を手がける株式会社帝健が、2015年内に、まずは救急搬送時用として心電計測ウェアラブル電極布を商品化する計画という。

24日(金)まで開催中のMEDTECの帝人グループのブースで、本試作品を展示中。


帝人グループ

www.teijin.co.jp

ブース番号:1706