レディガガの臀部手術で新手術法に注目集まる

ポップ界の女王レディーガガが先週、臀部の手術を受けた。

1カ月以上前にワールドツアー「ボーン・ディス・ウェイ・ボール」中にケガを負ってから激しい痛みを隠していたというが、ここにきて症状が悪化し、滑膜炎になり手術に踏み切ったという。

このニュースを受け、英Surgical Innovations社はプレスリリースを配信し、先駆的な低侵襲臀部手術の技法に注目が集まるだろうと期待を寄せてた。

図1:シルク表面をPEDOT-PSSで均一にコーティングすることで、柔軟性・導電性・生体適合性を損なうことなく、十分な引張強度を与え耐水性・加工性の課題を解決。

静的解析(コーディングスタンダード解析)が実施されるようになり、医療用ソフトウェアの開発にも長期的なベストプラクティスがもたらされるようになってきている。

By Chris Adlard, Coverity, Camberley, UK

既存の医療機器の半数以上は、完成した装置に組み込まれたシステムとして、或いはその製造過程に於いて、何らかのかたちでソフトウェアが関与している。ソフトウェアは医療技術の進歩を促進する一方で、複雑性を増すことでリスクも生んでいるのが現状だ。

ソフトウェアにはコードの複雑さと欠陥発生数との間に強い相関関係がある。安全性が不可欠であるという医療機器のもつ性質上、さまざまな検査方法を用いることで、機器が欠陥を引き起こして最終的には傷害などにつながらないように留意している。

米人気TVドラマに登場した心室機能回復装置

米ABC局の人気テレビドラマ『グレイズ・アナトミー』に、現在、米国で臨床試験実施中の「心室機能回復装置(The Parachute、パラシュート)」が登場した。サンドラ・オー扮する女医クリスティーナ・ヤンが、この「パラシュート」を使って心臓外科手術をして話題になっている。「パラシュート」を導入した手術場面が登場したのは、先週木曜日のバレンタインデー・エピソード。番組放映前のニュース番組でも紹介された。

 

Pages