超音波機器のパイオニア・日本アレックス株式会社は、4月24-25 日に東京ビッグサイトで開催されるMEDTEC Japan展示会で、ドイツ・ハーマン社の最新型の超音波溶着機「HiQシリーズ」を出展する。出展ブースでは、安定した溶着を生み出すために開発された新機能の数々を、実演を交えて紹介する。

超音波溶着は、シリンジ、血液パック、人工透析フィルターなどの医療用品に応用されている。人命にかかわる製品だけに生産においては安定度と生産管理体制が重要視される。

ハーマン社は、高度な溶着制御と生産管理機能で、安定した生産に貢献している。

【展示する最新型超音波溶着機の型式】

MEDTEC Japan、医療機器専門誌サイトを統合

 

UBM Canon社は傘下のMEDTEC Japan(医療機器の設計・製造に関する展示会・国際セミナー)と『医療設計と製造技術』(業界専門誌)のサイトを統合し、「MEDTEC Japan Online」として展示会ニュースが合体した共通サイトを2013年3月1日(金)に新設した。

新サイトではMEDTEC Japan展示会関連の情報と、医療機器産業界の最新ニュースが同時に閲覧できるため、サイトにアクセスするだけで業界の最新情報を一挙に入手できる仕組みだ。

UBM Canon社は、ものづくりの技術を医療機器分野へ発展させた日本企業を顕彰する「第2回MEDTECイノベーション大賞」を実施する。募集期間は2013年1月21日(月)から2013年3月8日金曜日(必着)まで。沢山の応募が来ており、募集締切を当初の3月1日(金)より1週間延長している。 応募は、専用ホームページから。

3月中旬までに第1次審査(書類)にて最多10社が選定され、第2次審査は、MEDTEC JAPAN 2013開催初日(4月24日水曜日)に各社10分間(講演8分/質疑応答2分)のプレゼンテーションの後、審査員によるその場での審査後、受賞社が決定、表彰式が開催される。

医療機器業界の最新情報を学べる「MEDTEC Japan国際セミナーが、今年は4月24日(水)・25日(木)に東京ビッグサイトで開催される。

毎年好評のセミナー(事前登録制・有料)のスケジュールが公表された。

Pages