特集記事

サイバスロン出場アスリートによる骨格ロボットのライブデモ

ByMEDTEC Japan編集部

スイス連邦工科大学ローザンヌ(EPFL)ロボットシステム研究室(LSRO)が開発した骨格ロボットTWIICEがMedtec Japan 2017(4/19~21@東京ビッグサイト)に登場する。スイス・パビリオンで、障がい者とロボットアシストの国際競技会サイバスロン2016にも出場した“パイロット”である障がい者アスリートSilke Pan氏が、TWIICEを装着してライブデモを行う。

TWIICEはモジュラー式の下肢用骨格ロボット。ユーザーの様々な体格や障がいの状態、使用状況に合わせることができ、対まひ患者の日常生活での自立をサポートする。EPFLの開発者とPan氏が開発を行い、サイバスロン2016に参加した。

サイバスロンは、身体障がいをもった“パイロット”がロボットアシスト機器を使って日常生活上のタスクに取り組む世界初の国際競技会で、2016年10月にスイス連邦工科大学チューリッヒ(ETH Zurich)が主催してチューリッヒで開催された。障がいをもった人と技術開発者の間、アカデミアと産業界の間の交流、さらに一般市民との対話を促進するイベントとして注目を集め、2020年に第2回目の開催が決まっている。

■ Medtec Japan 2017 ブース番号:907

カテゴリー: