MEDTEC Online

「スマートホスピタルライティングシステム」実証実験を開始

「スマートホスピタルライティングシステム」実証実験を開始

株式会社村田製作所は、戸田建設株式会社、ウシオライティング株式会社と「スマートホスピタルライティングシステム」の実証実験を開始した。

「スマートホスピタルライティングシステム」は、無線通信技術を活用した次世代病院向けの照明制御システムで、電池レス無線スイッチや照明制御用Gatewayを用いて、手軽にサーカディアンリズム照明を実現することができる。本システムは、小松村田製作所 (石川県小松市)や戸田建設本社ビル (東京都中央区)での実証試験を経て、今夏以降に埼玉県および千葉県内の病院に導入される予定。また、千葉工業大学工学部建築都市環境学科望月悦子准教授が本システムによるサーカディアンリズム照明の効果を検証される予定だ。

従来、サーカディアンリズムに対応した調光・調色を行うには調光用の配線や専用ソフトウェアによる設定が必要で、工期がかかることや導入が困難などの課題があった。村田製作所は照明制御用Gatewayの機能を拡張し、無線通信で手軽に調光・調色ができるシステムを開発。これにより、配線なしで柔軟な照明制御を実現したことに加え、ソフトウェア面でのシステム導入の簡略化が可能になった。

今後さらに改良を進め入院患者向けの新照明システムで入院生活の安定をサポートしていく。

 

村田製作所

京都府長岡京市

www.murata.co.jp

カテゴリー: