MEDTEC Online

プラズマ処理による注射針の低痛化処理装置

プラズマ処理による注射針の低痛化処理装置

三菱マテリアル株式会社の連結子会社である菱光産業株式会社は、東京大学および永田精機株式会社技術研究所と共同で、プラズマを使用した注射針の低痛化処理装置を開発した。
 

プラズマ処理前の注射針
プラズマ処理後の注射針

インスリンや人工透析など、継続的に同じ患者が長期間、注射で投薬を受ける場合、特に注射針による痛みの軽減が重要となってくる。

痛み軽減の技術改良の一例として、針の径を可能な限り細くする手法があるが、針を細くし過ぎれば折損の危険性があり、内部を薬液がスムーズに通過しないケースもある。

これ以外の低痛化対策としては、針へのシリコーン塗布がるが、シリコーンによるアレルギー発症も長年議論されており、早期の低痛化対策が医療現場の共通課題となっていた。

加えて、これまで静脈針や経皮針、透析用針などは、そのほとんどを砥石研磨のあと、電解研磨により先端を鋭利化してきた。しかしながら、電解研磨では形状変更に限界があり、十分な低痛化が図れていなかった。

今回共同開発した低痛化処理装置では、砥石研磨後にプラズマ処理工程を取り入れたもので、外径の太い針も針先端を凹状に先鋭化できるなど、針先の大幅な形状変更(先鋭化)が可能とで、従来の方法では加工が困難であった形状を実現している。

この結果、電解研磨法の針に比べ刺通抵抗は45%程度低下し、またシリコーンを塗布した状態と比較しても20%程度の低痛効果が確認されている。
 

菱光産業株式会社

東京都中央区
www.ryoukou.co.jp/ja/index.html

 

カテゴリー: