MEDTEC Online

東大、3月に医療機器ソフトウェア規制の国際動向シンポジウムを開催

東大、3月に医療機器ソフトウェア規制の国際動向シンポジウムを開催

東京大学大学院工学系研究科医療福祉工学開発評価研究センターは、2013年3月19日(火)に「医療機器ソフトウェア規制の国際動向シンポジウム」を開催する。

参加は無料で先着250名まで。

医療機器のネットワーク接続が進む一方、携帯端末にセンサーを付けてソフトウェアをダウンロードするだけで医療機器扱いになっているものも多い現在、患者のセキュリティ、プライバシー、安全性をどうやって確保するかが大きな課題となっている。そこで、IEC/ISOでは医療機器ソフトウェアに関する新たな課題に対して安全規格の見直しを進めている。また欧米の規制当局も様々な対策を実施している。

今回の「医療機器ソフトウェア規制に関する国際動向についてのシンポジウム」(東大主催、IEC/TC62国内委員会後援)では、医療機器ソフトウェアをとりまく現況と将来について、医療機器ソフトウェアの国際標準化と認証、モバイル端末用ソフトに関するFDAの承認条件の動向などについて各分野の専門家による講演がおこなわれる。

 

    日時 2013年3月19日(火) 13:00~17:00

    場所 東京大学工学部2号館1階213講義室(会場地図

    主催 東京大学大学院工学系研究科医療福祉工学開発評価研究センター

    後援 IEC/TC62国内委員会

    参加費: 無料  (先着250名、事前申込みをお願い致します)

    参加申込: 氏名、所属、住所、メールアドレスを書いて下記宛にお送り下さい。

        受講票をメールにて返信致します。

        Email: mdsoft-symposium[アットマーク]bmpe.t.u-tokyo.ac.jp

≪シンポジウムのプログラム≫

13:00   受付開始
13:30 13:35

開会の挨拶

倉部勇一

(日本光電工業(株)技術推進センター課長、TC62国内委員会幹事)

13:35 14:00

基調講演「医療機器ソフトウェアをとりまく現況と将来について」 

佐久間一郎

(東京大学教授、TC62国内委員会委員長)

14:00 15:00

特別講演「医療機器ソフトウェアの国際標準化と認証」

中田幸宏

(テュフズードジャパン株式会社MHS事業部

能動医療機器 アシスタントマネジャー)
15:00 15:30

「TC62におけるソフトウェア関係規格の動向」

中里俊章

(東芝メディカルシステムズ株式会社 技術管理部 参事)

15:30 15:45 休憩
15:45 16:15

モバイル端末用ソフトに関するFDAの動向」

西尾治一

(株式会社ドゥリサーチ研究所代表取締役)

16:15 16:55

ディスカッション 

演者全員

16:55 17:00

閉会の挨拶

佐久間一郎(東京大学教授、TC62国内委員会委員長)

 

カテゴリー: