スマホのような操作性を実現する開発プラットフォーム

半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクスは、シンプル、低価格、高機能な電子機器の魅力や利便性を高める革新的なソフトウェアとマイクロコントローラ(マイコン)STM32Javaを発表した。

STM32Javaは、非常に高い効率を実現した32bitマイコンSTM32を搭載した医療機器などに、先端的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)を作成する効率的なツールボックスを提供。このツールボックスは、モバイル業界で使用されている設計手法をそのまま利用できるため、遠隔センサのような「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)」向けの小規模な M2M通信アプリの構築にも最適という。

STM32JavaのSTM32には最先端のJavaソリューションが内蔵されている。Javaコンパイラ、STM32に最適化された複数のJavaプラットフォーム、標準ライブラリおよび関連ツール、JavaとCをシームレスに接続するための手段や機能を正確にシミュレートするシミュレータ、スタータ・キットがついている。また、あらかじめ規定された量産用のSTM32型番により、統合された開発環境も提供している。

同社の組込み型Javaプラットフォーム専用Webサイト(http://www.stm32java.com)では、技術者がSTM32Javaを使用したアプリケーション開発に必要なあらゆるリソースを提供している。それらのリソースには、ソフトウェアや評価ボード、無料ダウンロード・ソフト、ビデオ、文書、サポート等が含まれる。

STマイクロ社は、Javaプラットフォーム・ベンダのIS2T社と協力し、ソフトウェアをSTM32に完全に適合さたという。STマイクロ社のロイヤリティを含むSTM32(STM32J)は、高いコスト効率、短期間での新製品開発を可能にする簡略化されたビジネス・モデルを提案している。


 

STマイクロエレクトロニクス株式会社

東京都港区

www.st-japan.co.jp/jp/com/home/home.jsp

カテゴリー: