CT撮影における被ばく線量を評価するWebシステムを開発

影条件の入力画面(左:成人女性、右:小児-4才児)

公立大学法人大分県立看護科学大学と独立行政法人日本原子力研究開発機構は、コンピュータ断層(以下、「CT」)撮影における被ばく線量を評価するシステムWAZA-ARIを共同開発した。平成24年12年21日より、独立行政法人放射線医学総合研究所において試験運用を開始している。


近年、医療現場では、 病巣の有無の確認、治療方針の決定等のため、CT撮影が広く普及しているが、CT撮影では、胸部レントゲン撮影等と比較して、高い被ばく線量を受けるため、国際原子力機関(IAEA)等は過剰な被ばくを受けないように患者の被ばく線量の最適化や管理の必要性を提唱している。


そこで開発されたのが、医療関係者に対して、CT撮影の条件に応じて患者の被ばく線量を迅速に評価し、提供できるWebシステムWAZA- ARIだ。利用者がパーソナルコンピュータ(PC)へのインストールやメンテナンス作業等を行うことなく、インターネットを介して、WAZA-ARIのホームページ(HP)へアクセスすることで、必要な時に利用することができる。アクセス後にPCに表示されるインターフェイス画面を通じて、簡単な操作により、診断に使用するCT装置の機種、患者の情報、撮影範囲等を入力するだけで、被ばく線量の情報を入手することができる。

WAZA-ARIは、利用者が入力したCT撮影の条件に対して、日本人の成人男女や小児(4才児)の体格特性を考慮して、被ばく線量を迅速に計算し、撮影条件等の入力後、十秒程度で、利用者のPCの画面に評価結果が表示される仕組み。


CT撮影前の被ばく線量の予測による最適な撮影条件の設定や、患者の被ばく管理に必要な線量の情報を入手できる。試験運用の段階では、WAZA-ARIのHPへアクセスし、登録手続き等は必要とせずに、利用することができる。今後、他の体格や年齢の患者に対応した被ばく線量が計算できるように機能の拡張を進めていくという。

カテゴリー: