東レ、岡崎工場に血液浄化器「トレミキシン」製造設備を新設

東レ株式会社は、重症敗血症治療のため、血中エンドトキシンを選択的に吸着除去 することを目的とした、血液浄化器トレミキシンの製造設備を東レ岡崎工場内に新設する。

トレミキシンは血液浄化においてエンドトキシン除去を目的に承認を受けている治療カラムであり、1994年の発売開始以来、重症敗血症やそれに伴う多臓器不全などの症状の改善のため、国内を中心に、多くの臨床 現場で使用されてきた。

従来は滋賀事業場にて製造されていたが、欧米を始めとするトレミキシンの海外事業展開を本格化させ、さらに医療材製品の開発・製造能力を集約して効率化するために、約18億円を投じ岡崎工場に製造設備を新設する。

東レは救急集中治療分野の先駆けとして、エンドトキシン除去向け吸着型血液浄化用浄化器であるトレミキシンPMX-20Rを1994年より販売を開始し、2001年にはカラムサイズを小さくしたPMX-05Rを、また、2011年には更にサイズを小型化したPMX-01Rを上市してきた。患者の病態や体重、現疾患等に応じ適したサイズ選択できるよう、3タイプの製品を有している。

東レ株式会社

東京都中央区

www.toray.co.jp

カテゴリー: