アルツハイマー病超早期診断の実証プロジェクト開始

新日鉄住金ソリューションズ株式会社は、IT技術を活用したアルツハイマー病の超早期診断の実証プロジェクトを開始した。東京大学、新潟大学、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター、独立行政法人国立長寿医療研究センター、バイオテクノロジー開発技術研究組合との共同プロジェクト。

日本において、高齢者の代表的な疾病である認知症、特にその大きな割合を占めるアルツハイマー病は患者数が300万人を超え、その克服は今後の日本における大きな課題となっている。アルツハイマー病の根本的対策には、超早期での予防的治療(先制医療)が必須となりますが、超早期の僅かな兆候を捉えるために、ITを活用して、脳画像・バイオマーカー・ゲノム等の多様なデータを効率的に分析・解析することが期待されている。

本事業では、東京大学岩坪威教授を始めとしたアルツハイマー病の客観的診断基準の確立をめざす「Japanese Alzheimer's Disease  Neuroimaging Initiative(J-ADNI研究)」の各研究者及び研究機関と連携し、ITを活用した先制医療の実現につながる超早期 診断モデルの確立に関するフィージビリティスタディを実施する。

新日鉄住金ソリューションズのクラウドサービスである absonne(アブソンヌ)上に「臨床研究支援クラウド」を構築し、脳画像・ゲノム情報を含む多様な臨床ビッグデータの管理、高度なデータ分析・解析支援、研究者間のコミュニケーション促進が可能なクラウド環境を提供するという。また、各研究機関と連携し、医療データへのビッグデータ技術の適用などに関する技術評価と利用可能性の評価を実施していく。

 

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

東京都中央区

www.ns-sol.co.jp

カテゴリー: