大田区、医工連携支援センターを開設

大田区と公益財団法人大田区産業振興協会は、医療機関と大田区モノづくり中小企業の連携を支援する拠点として「大田区医工連携支援センター」を大田区大森南四丁目工場アパート「テクノフロント森ヶ崎」内に開設した。

医療と製造業の関係者が交流し情報交換する場を設けることで、医療の現場のニーズを集めて区内製造業の高度な加工技術で形にし、新しい医療機器・器具の開発を進める。製造業の新たな成長市場として注目される医療機器分野に、区内中小企業の新規参入を促すのが狙い。

大田区医工連携支援センターの運営は、大田区産業振興協会の医工連携支援室スタッフが担当する。医療機関とのパートナーシップとしては、まず区内に立地する東京労災病院と協力協定を結び、同病院の「医工連携室」が同センターに入居する。このほか区内外の医療機関と幅広く協力関係を構築していく。同センターは、テクノフロント森ヶ崎の409号室(床面積93.9平方m)に開設し、両者が共同で利用し、スタッフの執務スペースとなるほか、打ち合わせや会議を随時開き、医療関連セミナーなどを企画するという。

大田区企業の持つ技術力を活用して医療機関の課題を解決するとともに中小企業の新たな市場参入の促進を図るため、互いの連携を深める「場」づくりをめざす。大田区産業振興協会では産学連携事業の一環として5年ほど前から医工連携案件の支援を行っており、現在、35件の開発プロジェクトが進んでいる。医工連携支援センターの新設により取り組みを加速し、毎年3件以上の新規案件創出を目指すという。
 

公益財団法人 大田区産業振興協会 事業グループ 経営革新担当・医工連携支援室 
東京都大田区 

www.pio-ota.jp

カテゴリー: