順天堂大学と日立が包括的な産学連携の協定を締結

学校法人順天堂(以下、順天堂大学)と株式会社日立製作所は、医療・ヘルスケアの研究開発分野において、両組織の連携・協力関係を推進するために、包括連携協定を締結した。

人材交流と互いの研究施設を活用した連携により、高度な医療実績を有する順天堂大学における臨床現場のニーズを早い段階で把握し、日立の医用技術、情報技術などを活用した研究開発および実証により、医療・ヘルスケア分野の先端技術の早期実用化を推進し、グローバルなライフ・イノベーションの創出をめざす。

患者のQoL(Quality of life)の向上や医療費抑制など、医療を取り巻く課題の解決にむけ、超早期診断や治療をめざす「先制医療」、個人の体質にあった負担の少ない効果的な治療をめざす「超個別化医療」、治療法を確立し新たな治療機会の創出をめざす「高度医療」の3分野を中心に、共同研究を推進する。

推進体制として「連携協議会」を設置し、共同研究テーマの選定や研究進捗の管理を行うなど、互いに有益な連携を図るという。共同研究テーマの選定にあたっては、両者が参加する「ワークショップ」を開催することで、テーマの探索に向けた情報交換を推進し、さらに研究者や学生の相互派遣による学術交流と人材育成、研究施設の相互利用を通じた研究拠点の構築を進めて行く予定だ。

今回の研究分野における包括連携協定は、順天堂大学においては企業との初の提携となり、日立においても医療系大学との初締結となる。今後は、それぞれが他大学や他機関などとグローバルでの連携を推進する中で、順天堂大学と日立が核となり、自由で柔軟な産学連携の研究ネットワークに成長させていく方針という。


順天堂大学

東京都文京区

www.juntendo.ac.jp


日立製作所

東京都千代田区

www.hitachi.co.jp

カテゴリー: