MEDTEC Online

米DARPA、殺菌効果がある生体吸収性シリコンチップを開発

米DARPA、殺菌効果がある生体吸収性シリコンチップを開発

水滴によってデバイスが溶けた様子。(画像提供:DARPA)

米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が、生体吸収性のある医療用シリコンチップを開発した。

研究者らは、シリコンとマグネシウムを生体適合性材料である絹でカプセル化し、極薄シートにしてシリコンチップを作製。シリコンとマグネシウムはもともと人間の体内に微量に存在しており、本チップに使用されている量は生理的レベルよりも低いため、生体適合性と環境親和性があるという。使用する絹の厚さと結晶化度の度合いを調整することで、チップが体内で完全に溶けるまでの時間を分単位・時間単位・日単位など状況に応じて設定できる。

本研究成果は、2012年9月28日付の Science誌に掲載された。論文ではこのチップ作製技術を利用して体内埋め込み型の殺菌デバイスの製造方法も紹介している。デバイスは、手術部位の感染を防ぐために、抗生物質を一切使っておらず、プログラム制御によって殺菌処理をしているため、デバイスを体内に埋め込んだ後も健康に害無く体内に溶出される仕組みだ。

本研究を率いたDARPAのAlicia Jackson 氏は、ペースメーカーや人工関節のようなインプラント器具の欠点は、局部的な感染症をひきおこす可能性があることと指摘。「薄膜状のフィルムを埋め込み機器に貼り局部的に表面を加熱滅菌することで、抗生物質耐性菌が存在したとしても、感染症の防げる可能性がある」と語る。「感染防止の手段があれば、多くのインプラント器具の効能を高めることができ、最終的には患者の罹患率と死亡率の低減につながる」という。

カテゴリー: