MEDTEC Online

2011年の世界医療機器市場は2,660億米ドル

2011年の世界医療機器市場は2,660億米ドル

株式会社グローバル インフォメーションは、英ビジョンゲイン社が発行した報告書「Medical Devices Industry and Market Prospects 2012-2022 (「医療機器産業および市場の展望2012-2022 」)」の販売を開始した。

報告書によると、昨年2011年、世界の医療機器市場は2,660億米ドル(20.7兆円)に達した。前年度比で一桁の成長だが確実に市場規模は拡大している。医療機器市場は成熟化しているものの、地域によっては罹患率の増加や高齢化のなどにより今後10年間で急成長が見込まれているところもある。実際、神経疾患の増加により診断市場や神経系装置のニーズは高まっている。また、新興市場においては富裕層の拡大や生活スタイルの変化にともなって、肥満や冠状動脈疾患が増え、市場成長の要因にもつながっている。その結果、ヘルスケア市場において医療機器市場が占める割合が最も大きくなっているという。

同レポートでは、以下の内容を含め今後10年間の市場展望についてまとめてある。

・医療機器市場の中でも、近年、急成長が見込まれているのはどの市場部門か?
・医療機器市場に影響を与える疾患のトレンド
・2012年~2022年の主要国の市場動向
・主要製品の今後の動向
・中国、インドなど新興国での市場成長
・米国の医療改革による影響

発行元のビジョンゲイン社は、1998年の創業以来、通信・医薬品・防衛・エネルギー・マテリアルなど、多岐にわたる分野の市場調査を行なっている。

市場調査レポート: 医療機器産業および市場の展望(全144頁、税抜¥208,083)
Medical Devices Industry and Market Prospects 2012-2022
出版日: 2012年07月11日
発行: Visiongain

 

カテゴリー: