MEDTEC Online

アナログ・デバイセズ、1MSPS超低消費電力SAR A/Dコンバーターを発売

アナログ・デバイセズ、1MSPS超低消費電力SAR A/Dコンバーターを発売

アナログ・デバイセズ社は、2.5Vリファレンス内蔵の超低消費電力12ビットで1MSPSの、逐次比較型(SAR 型)A/Dコンバータ・シリーズ初の製品となる「AD7091R」を発表した。

本A/Dコンバータは、USB駆動またはバッテリ駆動の データ・アクィジション・モジュール、ハンドヘルド・メータ、フィールド計測機器、環境発電アプリケーション、および、携帯心電図や心拍計などの医用機器 向けに設計されている。低消費電力かつ小型のパッケージで提供されており、電力効率の高いコンバータとなっている。

AD7091Rコアは、1MSPS動作時、3Vでティピカル349μAの消費電流で動作する。また消費電力はスループットに応じて自動的にスケーリングされている。パワーダウン時の電流は264nA、待機時の電流は21.6μAとなっているので、設計者は、連続変換あるいはワンショット変換時の電力消 費も最適化することができる。AD7091Rの2.5V内蔵リファレンスは、4.5 ppm/℃の温度係数を達成している。

<AD7091R 12ビットA/Dコンバータの主な特長>

●低消費電力:
 o349μAティピカル(3Vで1 MSPS動作時消費電流)
 o264nAパワーダウン時消費電流
 o21.6μA待機時消費電流

●消費電力/スループット比のフレキシブルなマネジメント
●高速スループット:1MSPS
●電源電圧:2.7Vから5.25V
●DC精度:12ビット±1LSB INL
●4.5ppm/℃ 2.5Vの内蔵リファレンス
●高速シリアル・インターフェース規格SPI(R)、QSPI(TM)。MICROWIRE(TM)、およびDSPシリアルIOと互換
●シリアル・インターフェース電圧レベル:1.65Vから5.25V

同社は製品設計の作業を支援にするため、IBISモデルとソフトウェア・ドライバを提供している。AD7091Rは、低消費電力のアンプと組合せて使用する と、シグナル・チェーン全体の電力消費を低減するチップセットとして機能する。たとえば「AD8031」レールtoレール入出力オペアンプと一緒に用いると、従来製品に比べ大幅な消費電力を低減できるという。低帯域幅アプリケーション向けには、「AD8420」計装アンプと、このAD7091R A/D コンバータとを組合せて用いることにより、従来のソリューションよりかなりのコスト削減に貢献できる。
 

アナログ・デバイセズ社

東京都港区

www.analog.com/jp/index.html

カテゴリー: