携帯型の医療機器向け、ゼロドリフト高精度計装アンプ

アナログ・デバイセズ社は、高精度なシグナル・コンディショニングやセンサー・コンディショニング向けのマイクロパワー・ ゼロドリフト高精度計装アンプ「AD8237」を発表した。計装アンプは、0.3μV/°C未満の低入力オフセット・ドリフトと、電源レールを300mV超える範囲まで拡張されている。

同製品は、最大ゲイン誤差0.005%、最大ドリフト0.5ppm/°C、さらにCMRR(同相ノイズ除去比)114dBで、低いゲイン時でも高精度測定が可能だ。静止電源電流は100μAをわずかに超える程度のため、低消費電力設計に用いられるシグナル・コンディショニング・ブリッジや、温度センサーなどに適している。

特に、点滴ポンプ、携帯型血圧計、4~20mAセンサー、コンスーマ用体重計のような、バッテリ駆動の携帯型ヘルスケアやコンスーマ計測機器、また高精度計測機器などのアプリケーションが挙げられる。

「AD8237」は、1.8Vから5.5Vの電源電圧で動作し、コンパクトなMSOP-8パッケージで提供されている。また、ゲイン(1から1,000)は2つの外付け抵抗比で設定され、全温度範囲にわたって優れたゲイン精度を提供している。

■マイクロパワー・ゼロドリフト計装アンプAD8237の特長:
 ・ゲイン範囲:1から1,000
 ・CMRR:114dB
 ・DC精度
  o入力オフセット電圧:75μV
  oオフセット・ドリフト:0.3μV/°C
 ・電源電流:115μA
 ・電源電圧範囲:1.8Vから5.5V
 ・帯域幅(G=100):10kHz
 ・ゲイン誤差:0.005%
 ・ゲイン・ドリフト:0.5ppm/°C
 ・入力電圧ノイズ:1.5μVp-p

 

アナログ・デバイセズ社

東京都港区

www.analog.com/jp/index.html

カテゴリー: