MEDTEC Online

伊藤忠商事、医療機器向けの大容量電池の販売を開始

伊藤忠商事、医療機器向けの大容量電池の販売を開始

伊藤忠商事株式会社は医療機器向けのリチウムイオン蓄電池の販売を開始した。
人工呼吸器、吸引器、酸素濃縮器などの医療機器に電力を供給することを想定した製品で、人工呼吸器では約50時間にわたって電力を供給できる。

外形寸法は幅27cmx奥行33cmx高さ44cmとコンパクトで、蓄電池の蓄電容量が2.2kWh。重量も25kgと軽量で持ち運びも簡単にできるため、停電時などに停電地域に本製品を持ち込み、電力を確保することもできる。

開発には人工呼吸器製造販売業者のアイ・エム・アイ株式会社の協力を得たという。大人一人で抱えて運べる大きさと重さのため、緊急時でも必要な場所に持っていき、使用することができることから、医療機関内で停電が発生しても運用変更等の混乱を最小限に抑えることができるのが利点だ。

伊藤忠商事は企業やアイ・エム・アイの協力を得ながら病院・クリニック等にも並行して販売していく予定という。
 

伊藤忠商事株式会社

東京都港区

www.itochu.co.jp/ja

 

カテゴリー: