微小ガン治療できるロボット型X線治療機器を開発

北海道大学、ベンチャー企業の株式会社アキュセラ国立がん研究センター東病院京都大学、株式会社日立製作所のグループが小型かつ高精度なX線治療システムの試作システムを開発した。

この治療システムは、身体の中で複雑に動く臓器の微小なガンをリアルタイムに追跡し、健常な組織への被曝を最小限に抑え、高精度かつ迅速な治療を可能にするもので、患者の早期社会復帰を促すことが期待される。

日本人の死因の第1位はガンだが、早い段階で診断をし、精度の高い治療を行えば、ガンの死亡率を低減させられると考えられている。現在、ガンの治療法は、開腹手術など外科的な治療が中心となっているが、QOLの向上や早期の社会復帰のためには、身体的な苦痛を伴わず、入院期 間が短い治療技術の確立が必要不可欠となる。

ガンは、直径1cm以下であれば、放射線治療により90%以上が有効に治療できると言われている。ガン病巣は呼吸などの体の動きにより複雑な動きをするため、従来はがん病巣が動く範囲全てにX線を照射する必要があり、周辺正常領域に影響のない治療が困難だった。

この問題を解決するため、本研究チームは、ガンの位置を正確に把握し、ピンポイントでX線が照射可能となる、高精度X線治療システムの試作機を完成させた。

本治療システムの心臓部となる小型加速器は、X線を発生させる加速器の加速効率を上げ、マグネトロンを高出力化することにより、従来のガントリ型X線治療装置に用いられている加速器の約2倍ものX線強度(このサイズの加速器としては、世界トップクラスのX線強度)と細いビームの実現とともに、およそ半分となる全長約60cmの小型化を実現した。

このX線の高強度化により、X線ビームの照射野を従来の約60%にあたる直径3 mm程度まで絞り込むことが可能となり、更に装置の小型化により、今まで実現できなかった、立体角360°に近い方向からのX線の照射も可能となった。

本研究は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2010年度から進めている「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発」プロジェクトの一環。

カテゴリー: