MEDTEC Online

モバイル環境で医療画像や画像診断レポートを参照できるソフトウエア

モバイル環境で医療画像や画像診断レポートを参照できるソフトウエア

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、スウェーデンSectra ABが開発したタブレット型端末(多機能携帯端末)及びスマートフォン(高機能携帯電話) などのモバイル機器で医用画像や画像診断レポートを参照できる、「IDS7 PACS」専用ソフトウエア、「Philips IDS7 LiteView」の販売を開始する。

「Philips IDS7 LiteView」は、病院内外を問わず必要な時に検査情報に簡単にアクセスできるという。例えば、病院内では、ベッドサイドでの診察のサポートや、病状の説明補助に活用することができる。診療科医が時間や場所にとらわれずデータに基づくディスカッションをすることも可能。

また、画像診断医に診断結果を確認する際にキー画像を簡単に示すこともできる。電子カルテがモバイル環境に対応していれば、診療録との連携も可能だ。

 

病院外では、救急時の主治医や専門医によるサポートや、外部の専門医へのコンサルティング依頼などを可能にする。さらには、検査依頼元へ検査情報をフィードバックするときに医療画像や画像診断レポートをCD/DVD等にコピーして提供する必要がなくなるため、媒体費、作業費のコスト削減や、搬送中の紛失・事故を防ぐことができる。

「Philips IDS7 LiteView」は基本ソフト(OS)とウェブ環境がマルチ対応型のため、アップル社のiOS(アイオーエス)、 グーグル社のアンドロイドのいずれにも対応可能。使用するための専用アプリケーションソフトウエアのダウンロードは不要。クラウド対応型だが外部ネットワークで提供される速度の影響はほとんど無いという。また3G/4G電話回線でも使用が可能。

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン

東京都港区
www.philips.co.jp

カテゴリー: