MEDTEC Online

リオン、軟骨伝導補聴器の開発に成功

リオン、軟骨伝導補聴器の開発に成功

 

軟骨伝導補聴器 試作品

リオン株式会社は、耳漏や外耳道閉鎖症の難聴者でも使用できる軟骨伝導補聴器を開発した。奈良県立医科大学耳鼻咽喉・頭頸部外科の細井裕司教授との共同研究による成果をベースに開発に成功した。

耳漏がある難聴者や外耳道閉鎖症の難聴者は、通常の気導補聴器を使用できないため、骨導補聴器やBAHA(Bone Anchored Hearing Aid)とよばれる手術によって頭蓋骨にボルトを固定し、このボルトに振動子を取り付け音声を骨伝導で伝える方法を使用している。

骨導補聴器はヘッドバ ンドなどを使用して振動子を耳の後ろの乳突部に押し当てるため、装用時に圧迫感を伴う。一方、BAHAは手術で頭蓋骨にボルトを埋め込む必要があり、ボルトが皮膚から露出しているため感染の恐れがある。

リオンでは、これらの問題点を解決するため、軟骨伝導補聴器を開発。通常の補聴器のイヤホンの代わりに振動子を使用した。外耳道内または外耳道入口部の軟骨部に振動子を装用し、軟骨部の振動と振動子からの音を利用して、増幅した音を耳に伝えるしくみ。通常の補聴器の技術やデザインをそのまま利用できるのが特徴。

今後は、耳漏や外耳道閉鎖症の難聴者などを対象に、有効性・適応性の検証・評価を行い、より実用的な軟骨伝導補聴器を開発していく。さらに、将来的には次世代補聴器への応用も視野に入れ、さらなる研究・開発に取り組んでいくという。

 

リオン株式会社

東京都国分寺市

www.rion.co.jp

カテゴリー: