MEDTEC Online

ニプロ、ミャンマーに駐在員事務所を開設

ニプロ、ミャンマーに駐在員事務所を開設

ニプロ株式会社は、ミャンマー連邦共和国の最大都市ヤンゴンに、同社子会社ニプロセールスタイランド(本社タイ王国バンコク市)の駐在員事務所を開設した。
約6,200万人の人口を有するミャンマーは、近年、民主化や国内の制度改革が進んでいる。さらなる経済成長が見込まれている現地での事業の持続的成長を実現するため、ヤンゴンに駐在員事務所を開設した。

同社はミャンマー市場に15年以上前から代理店経由で、ニプロブランドの医療機器を販売してきた。駐在員事務所を設立することで、発展著しいミャンマー市場において迅速に市場ニーズをとらえ、顧客ニーズに合致する製品を導入する様に活動していくという。

ニプログループは強力にグローバル化を推進しており、海外販売拠点は、ミャンマーを加えると39カ国80拠点となる。

またミャンマーにおいて、ニプロセールスタイランドと大手ミャンマー国際総合病院Pun Hlaing International Hospitalと協業で透析センターを8月に開業予定だ。Pun Hlaing International Hospitalは、現地富裕層、および海外からのメディカルツーリズム向け病院経営に加え、病院に 併設するスパ、ホテル、ゴルフコースなどを含めた総合ホスピタリティ事業を手がけており、今後は、ミャンマー全土に透析センターを展開する目標を掲げている。

ニプロは、このセンターをテコに、今後増大する需要に対応するため、積極的に透析の機会を創造し市場規模を拡大させていく。また、本施設を通して、透析治療に携わる医療従事者を教育し、ソフトとハードの両面から市場を育成していくという。

ニプロ株式会社

大阪府大阪市
www.nipro.co.jp

 

カテゴリー: