MEDTEC Online

村田製作所、Bluetooth SMARTモジュールの量産へ

村田製作所、Bluetooth SMARTモジュールの量産へ

株式会社村田製作所は、2012年6月よりBluetooth low energy (以下、BLE)規格に対応したBluetooth SMARTモジュール量産を開始する。

BLEは、ボタン電池で数か月から数年間の稼働を可能にする超低消費電力の通信技術。健康管理、フィットネス、ホームネットワーク等の分野での普及が期待されており、ヘルスケア及びテクノロジー産業の有力企業で組織されている非営利団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」でも、通信手段のひとつとして BLEが採用されている。

スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末に順次採用されていくことから、血圧計・体重計等の健康管理機器とモバイル端末とをシームレスに接続する手段として、BLEへの期待が高まっている。

たとえば、BLEを搭載したモバイル端末・ワイヤレス健康機器間でデータを収集・管理できるため、いつでもどこでも健康管理がでる。また、将来的には、スマートフォンに接続する機器やアプリケーションの広がりも期待できる。

こうしたニーズに応えるため、村田製作所ではBLE規格に対応したBluetooth SMARTモジュールの開発を進めていたが、明日2012年6月より量産を開始することにした。

特徴

  • 各種ヘルスケアプロファイルをはじめとして、BLEの通信に必要な全プロトコルスタックを内蔵。組み込み機器で多く用いられている8/16bitのCPUからも容易に制御が可能となる。
  • UARTインターフェース経由でモジュールにシンプルなコマンドを送信することで、Bluetooth SMART Ready対応スマートフォン等と容易に通信が可能になる。
  • モジュールで各種認証 (電波法やBluetooth認証) を取得済みのため、開発コストを大幅に削減できる。

 

村田製作所

京都府長岡京市

www.murata.co.jp

カテゴリー: