MEDTEC Online

SSF社が統合新施設をカリフォルニア州パソロブレスに開設

SSF社が統合新施設をカリフォルニア州パソロブレスに開設

医療機器コミュニティー向けのシリコン部品メーカーであるスペシャリティ・シリコンファブリケーターズ(SSF)は2012年5月30日、米カリフォルニア州パソロブルスに10万2000平方フィートの最新施設を開設した。

同施設は増加するシリコーン医療機器部品の需要を満たし、新しい革新的な加工技術を開発するために設計された。一つの屋根の下にパソロブルスすべての部署、事業、管理を集め、同州タスチン、ミシガン州エルクラピッズの既存施設を補完するという。

新施設はリーン生産方式の成功のため必要な質、サービス、柔軟な環境の強化を進める。

SSFの新施設について同社のケビン・マイヤー社長は「最前線のシリコン押し出し、成形、カレンダーリング、シーティング、ディッピングの当社の立場を確実にする」とともに同社が配合剤で新市場に展開する上でプラスになると語る。配合剤は医療品原料(原薬)と医療機器とを組み合わせる化学であるとともにハイブリッド・ポリウレタン-シリコンのような新しい医用素材だ。

最先端施設によってSSFは、医用シリコン機器素材に対する世界的な需要に対応することができる。同施設には3500平方フィートのISO7洗浄度クラス10,000のクリーンルームとともに3万5000フィートのISO8クラス100,000のクリーンルームを配備している。

オープンハウスは3077 Rollie Gates Drive, Paso RoblesにあるSSFの新施設で、7月に予定されている。

スペシャリティ・シリコンファブリケーターズ

米国カリフォルニア州

www.ssfab.com/ja

カテゴリー: