MEDTEC Online

JEITA、医療機器ソフトウェアの安全と品質セミナーを5 月24日(木)に開催

JEITA、医療機器ソフトウェアの安全と品質セミナーを5 月24日(木)に開催

医療機器ソフトウェアと医療ITネットワークのリスクマネジメントに関する「医療機器ソフトウェアの安全と品質セミナー」が2012年5月24日(木)に全電通労働会館(全電通ホール)で開催される。電子情報技術産業協会(JEITA) 医用電子システム事業委員会/ME 標準化・技術専門委員会が主催。

現在多くの医療機器の制御・高度な機能は、ソフトウェアによって実現されおり、医療現場では医療機器のソフトウェアに関わる事故が多く報告されている。我が国以外の国々ではソフトウェア単体での規制化が進んでおり、医療機器のソフトウェアの安全性について多くのことが求められてきた。

今回のセミナーでは、臨床現場で安心して診断、治療できる製品を提供するためにソフトウェアに求められる役割、課題について解説する。

第1部では、新しく制定されたIEC 80001-1 「医療機器をIT ネットワーク上で使用する場合のリスクマネジメント規格」について、これまでの製造業者側のリスクマネジメント規格とは異なる、ユーザ側主体で全ステークホルダと連携して行うリスクマネジメント80001 シリーズの概要を紹介。策定がおこなわれている背景、その基本規格である80001-1、詳細ガイダンス案である80001-2-X についても触れる。

第2 部では、医療機器ソフトウェアの品質と安全について、種々の角度から解説し、最後にフロアーからの意見・質問を交えたディスカッションを行う。

 

【 日 時 】2012年5月24日(木) 9:50~16:15 (受付開始 9:20~)

第1部 9:50~12:00

第2部 12:50~16:15

【 場 所 】全電通労働会館(全電通ホール)(東京都千代田区神田駿河台3-6)

【 参加費 】 JEITA 会員:6,000 円  一般:9,000 円(テキスト代・消費税含む)

医療機関関係者:2,000 円

※JEITA 会員一覧 http://www.jeita.or.jp/cgi-bin/member/list.cgi

【 定 員 】 300名

【 申込締切日 】 2012年5月21日(月)

(注)先着順/定員に達した時点で締めきりとなります。

【 申込方法 】

詳しい内容は添付のPDFファイル、またはJEITAホームページを参照下さい。

お申込は添付のエクセルファイル20120524_application.xls(申込書)にご記入の上、itt2@jeita.or.jp 宛に送付して下さい。

カテゴリー: