MEDTEC Online

METIS、政府の「5カ年戦略」策定に向け要望書を提出

METIS、政府の「5カ年戦略」策定に向け要望書を提出

産官学連携で日本発の革新的医療機器の開発・製品化を目指す「医療技術産業戦略コンソーシアム」(METIS)は、政府が今年度に策定を検討する「医療イノベーション5カ年戦略」(仮称)に関して、医療機器産業の競争力強化に向けた政策提言として、内閣府などの関係省庁に要望書を提出した。 

内閣官房医療イノベーション推進室と各府省庁は、2007年に「革新的医薬品・医療機器創出のための5カ年戦略」を発表したが、現在、次の「医療イノベーション5カ年戦略」の策定作業を進めている。METISの要望書では、次の5年間で実行スピードの迅速化・国際社会での競争力強化を図るために、4つの重要課題を明確に示し、その解決に向けてオールジャパン体制で取り組む必要性を強調している。

METISが挙げている重要課題は以下の通り:

・ 医療機器の特性に合った規制・制度を基盤とした研究開発の活性化

・ 成長への投資、産業活性化施策の立案と推進

・ 海外展開の積極推進と国際競争力を高める施策の立案と実施

・ 人材の育成、教育

METISは2001年に産官学の有志により設立され、第1期(2001年4月〜2004年3月)では活動の方向性を固め、第2期(2004年4月〜2007年3月)に具体的なテーマ「日本発の革新的医 療機器の製品化を促進」を絞り込み、第3期(2007年4月〜2009年3月)には、医療機器産業を取り巻く規制や仕組みを改善させるために働きかけ、薬事法の審査体制を増員して強化するなどの審査迅速化アクションプログラムや、治験活性化のためのアクションプランなどが設定された。実際、5か年計画で現実に推進されたり、「スーパー特区」に採用されている内容が、METISの重点テーマの中からかなりピックアップされている。現在は第4期(2009年10月〜2012年9月)で、革新的医療機器・技術の実用化とレギュラトリーサイエンス、医療機器産業の基盤整備として、未承認医療機器の臨床評価や医療機器の適正評価、「アジア医療圏」構想などの提言を推し進めている。

(METIS事務局長で、日本医療機器産業連合会 産業政策会議 議長、日本光電工業株式会社 取締役 専務執行役員の原澤栄志氏のインタビューはこちらからご覧頂けます。)

 

カテゴリー: