共同量子研究所、微弱な電気信号を検出するナノスピーカーでMRI診断が容易になる可能性を指摘

ナノスケールのスピーカー型デバイス(図提供:Taylor/NIST)

米国の共同量子研究所 (JQI)、ニールス・ボーア研究所、ハーバード大学の研究チームがナノスケールのスピーカー型デバイスにより、微弱な電気信号を検出するとともに、電子回路の冷却もできるという理論を構築した。この理論が実験的に証明されれば、低出力での無線信号検出やMRIなどの分野に大きな影響を与えることになる。

「MRIは、強力な超伝導磁石を大量に組み込んでいるため、装置のサイズが大型になってしまっているが、もしも読み取りに必要な信号強度を小さくできれば、磁石の強さとサイズも減らすことができるので、チューブ型の装置の中に身体を入れる必要もなくなる」とJQIのJake Taylor氏は語る。

JQIの研究者らは、ナノスケールの膜を電子回路と組み合わせたデバイスが、非常に微弱な信号であっても、信号の強弱に応じて膜が機械的に振動し、この膜にレーザー光を当てて反射してくる光の変調を測定することで、信号を読み取れると考えている。超微弱な電気信号が検出できるようになれば、MRIを使った医療診断が今よりもずっと容易になる可能性もある。

カテゴリー: