MEDTEC Online

EDMAとEucomedが医療機器産業連合を新設し、協力体制へ

EDMAとEucomedが医療機器産業連合を新設し、協力体制へ

欧州のIVD業界団体であるEDMA(欧州分析機器製造業協会連合会)と欧州の医療機器メーカー同盟のEucomed(欧州医療機器産業連合会)が、新しい医療テクノロジー産業連合を形成し、協力体制を強化する。ブリュッセルを本拠にする両連合は、法人としては引き続き個別組織として存続するが、今後はお互いの強みを活かしつつ、ひとつの連合会として外部への発信をまとめて行っていくという。

今回の提携で最大の取り組み事項となるのが、来たる法改正に向けてのロビー活動だ。医療機器分野では、革新的な新技術をいかに迅速に機器開発に取り込んでいくかが課題となっており、規制当局に理解を促していきたいという。

EMDAは現在、ヨーロッパ22ヶ国からの連合会からなり、IVD製品の研究・開発・製造・販売に従事する43の主要企業から編成されており、関連団体を含むと欧州全域の500を越える企業で設立されている。Eucomedは、欧州各国および汎ヨーロッパにおける22,500の医療機器に関する設計者・製造業者・サプライヤーを代表する連合会。

カテゴリー: