MEDTEC Online

電磁場を利用した治療で癌細胞の成長を阻止できる?

電磁場を利用した治療で癌細胞の成長を阻止できる?

人間の腎臓にできたガンの顕微鏡写真 (写真提供:Alamy)

フランス・スイス・米国の研究チームが、低強度の電磁場を利用してガン患者の治療ができないか研究を進めている。

British Journal of Cancerに発表された論文によると、アラバマ大学のBoris Pasche教授率いる研究チームが、かなり進行した肝臓ガンの患者の口に毎日3回ほど、スプーン型をしたアンテナを置いて体内に電磁場を発生させたところ、数名の患者において健康な細胞に影響を与えることなく腫瘍が縮小したという。

細かいメカニズムについては論文に明記されていないが、この成果を受け、研究チームは、電磁場がガン細胞の遺伝子活性に何らかの影響を与えると考えており、実際の治療にいかせるよう、今後さらに研究を進めていく方針という。

カテゴリー: