MEDTEC Online

医療機器業界は新たなリスクと課題に直面、アーンスト・アンド・ヤング報告書

医療機器業界は新たなリスクと課題に直面、アーンスト・アンド・ヤング報告書

今週ベルギーで開催されるEucomedフォーラムでは、「革新的医療機器」が大きなテーマの一つとなるが、このほど発行された監査法人アーンスト・アンド・ヤング社がまとめた「Pulse of the Industry」(2011年の医療テクノリジーレポート)でも、同様のテーマが最大の関心事となっている。

特に巻頭記事では今後、革新的医療機器やサービスを開発する際に直面している規制面での変更、資金調達の方法をはじめとする新たなリスクに対して、企業はどのように対応してきているかの現状についてまとめている。その上で、これらの新しいリスクや課題に対して今後もどう対処すべきかについても順序立てて解説している。例えば、本記事では、最終製品だけでなくデータやサービスの収益化、生産工程の効率化をはかるために、もっと顧客本位のビジネスモデルへの再投資することを推奨している。

年一回発行の全6-ページの本報告書は、米国と(イスラエルを含む)ヨーロッパの産業についての概況をまとめているが、そのほとんどは2010年の数字だ。産業界全体の売上、収益、雇用者数、短期投資など主要なインデックスは、2009年と比べ2010年は大幅な上昇がみられ、欧州企業が関係するM&Aも2010年は倍増している。業界全般の成長率は米国のほうが欧州より高いが、雇用者数は欧州のほうが米国より増えていた。

詳しい本レポート(英文)は、アーンスト・アンド・ヤングのウェブサイト、あるいは添付PDFファイルで閲覧できる。

カテゴリー: