MEDTEC Online

ジョージア工科大、末梢神経損傷を助ける振動手袋を開発

ジョージア工科大、末梢神経損傷を助ける振動手袋を開発

ジョージア工科大学の研究者らが指先にピエゾ素子を使った振動手袋を開発した。これを着用すると触覚感度を向上させられると同大学が発表した。

 

大量のチタン酸ジルコン酸鉛層からなるアクチュエータを使用しているこの手袋は、帯電中これらの鉛層が圧電性を持ち、振動する。アクチュエータが指先の側面に取り付けられており、ユーザが表面に触れると、手袋装着者の指先が振動する仕組みになっている。

開発した振動手袋を手にするジョージア工科大学の上田准教授(右)と篠原准教授(左)

振動手袋は、ジョージア工科大の上田淳准教授、篠原稔准教授、および栗田雄一客員研究員(当時)によって設計・開発され、既に健康な人体で実験済み。

試験結果によると、この手袋を装着することで知覚・運動神経能力ともに向上がみられたという。

末梢神経損傷した患者のみならず、織物識別技能など操作技術を必要とされる人の補助機器としての利用が期待される。

Miki Anzai

カテゴリー: