神戸市、東日本大震災で被災した研究者の研究継続支援へ

神戸市は、東北地方太平洋沖地震で被災したライフサイエンス関連分野などの研究者・研究機関などに対し、研究を継続していくために必要な研究スペース、共同利用機器や設備などを、神戸医療産業都市構想の中核施設を運営する関係機関らと協力し提供する。

<支援内容>

1.対象者

○震災により被災を受けた地域(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県に限る)のライフサイエンス関連等の研究者・研究機関など ○福島での原子力発電所の事故に関し、政府による屋内退避等の指示・勧告が出ている地域内にて、ライフサイエンス関連等の研究開発に従事している研究者・研究機関など ○その他、地震災害等の影響により研究の継続が困難になるなど、重大な支障をきたしているライフサイエンス関連の研究者・研究機関など

2.支援協力施設

○先端医療センター(細胞培養センター(CPC)を含む:先端医療振興財団・神戸都市振興サービス株式会社) ○神戸臨床研究情報センター(研究関連機器、検体保管庫等を含む:先端医療振興財団・(株)メディビック) ○神戸バイオメディカル創造センター(細胞培養センター(CPC)を含む:神戸都市振興サービス株式会社) ○神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センター/神戸大学インキュベーションセンター ○理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター ○理化学研究所 分子イメージング科学研究センター ○神戸健康産業開発センター(中小企業基盤整備機構) ○神戸医療機器開発センター(中小企業基盤整備機構) ○神戸ハイブリッドビジネスセンター(先端医療振興財団・神戸都市振興サービス株式会社)[平成23年4月 供用開始] ○国際医療開発センター(神戸国際医療交流財団)[平成23年5月頃 供用開始] ○高度計算科学研究支援センター(FOCUSスパコンを含む:計算科学振興財団)[平成23年4月 供用開始] ○甲南大学フロンティアサイエンス学部・研究科 ○甲南大学先端生命工学研究所

3.支援期間

入居(あるいは支援開始)日から最大1年間

4.受付・問合せ先

神戸医療産業都市構想研究会事務局:企画調整局医療産業都市構想推進室内 TEL:078(322)0380 平成23年3月28日(月曜)から平成23年5月31日(火曜)まで ※平日9時から17時まで、土日祝は除く

 

カテゴリー: