MEDTEC Online

キヤノンが京都大学の「先端医療機器開発・臨床研究センター」設立支援

キヤノンが京都大学の「先端医療機器開発・臨床研究センター」設立支援

キヤノン株式会社は、京都大学の「先端医療機器開発・臨床研究センター」(2011年5月竣工予定)の設立支援と産学連携の推進を目的に、京都大学に対して5億円の寄附を行うことを決定した。

「先端医療機器開発・臨床研究センター」は、医療機器の臨床研究から薬事申請までを迅速に行い、早期診断から治療に至るまでの革新的な医療機器の実用化を速やかに行う拠点として、経済産業省の補助金を得て設立されるもの。

 

キヤノンと京都大学は、2006年に「高次生体イメージング先端テクノハブ」プロジェクト(CKプロジェクト)という10年計画のプロジェクトを発足させ、医療診断機器の研究開発で技術交流を行っている。このプロジェクトは、文部科学省の「先端医療融合領域イノベーション創出拠点の形成」プログラムの一環で、疾病の早期診断を実現する次世代の医療診断機器の研究開発や臨床研究の促進を目的としている。

 

既に京都大学の研究者とキヤノンの技術者が多岐にわたる最先端の医療画像診断分野での研究開発を推進しているが、来年オープンする「先端医療機器開発・臨床研究センター」を活用して、CKプロジェクトのテーマである高度な眼底診断が可能な光干渉断層イメージング(OCT)や乳がんの新生血管などを診る光超音波マンモグラフィー、医療機器の性能の向上を図る造影剤・分子プローブ、医師の診断を支援する画像診断支援ソフトなどの臨床研究・評価を行い、実用化を目指す。

カテゴリー: